Sadistic A.I. #1:皮肉な細胞

ECIV_TAKIZUMIって誰だ?という方も多いと思うので自己紹介を兼ねてブログをこれから寄稿していく為にDJmixを録音しました。

この記事の読者の中にはnaminohana recordsを知り新しい音楽の可能性を感じた方は沢山いるのではないでしょうか?私自身naminohanaと出会ってから様々な電子音楽の扉が次々と開いていきました。折衷主義な私はジャンルに縛られるのが苦手なのですが痒いところに手が届く、お店で試聴すれば全てのレコードが欲しくなる、そんな魔法にかかってしまうようなお店だと思います。

このブログでは未知で新しく面白いモノ、自分のパーソナルな部分を真面目に不真面目に紹介していきます。書きたい事は沢山ありますが、初回の投稿なのでシンプルに。

【Sadistic A.I.】というタイトルでnaminohana専用のDJmixを公開していきます。出来るだけ定期的に更新していきます。初回のDJmixはここ数年で自分のパーティーに出演してもらったり、共演したアーティスト、また大阪公演や日本公演が実現せず苦い思いをしたアーティスト、これから一緒に共演したいなと考えているアーティストのみで構成したmixです。

今回は三年ほど前からEUで局地爆発的に流行し出した100bpmセットで録音しました。このジャンルは基本的にはダンスホール、レゲトンを踏襲しそこから様々な要素が複合的に絡み合い進化していってるジャンルだと思います。残念ながら国内では認知はされているものの楽曲を作れる人間、DJmixを聴く機会が少ないのが現状です。まだまだ面白い楽曲が必ず出てくるはず。

インベさんからダンサブルなmixというオーダーを受けたので踊れる内容になってます。
我ながらとても良い選曲だと思うので是非最後まで聴いて何か感じてもらえたら嬉しいです。

(ECIV_TAKIZUMI)

“Sadistic A.I. #1:皮肉な細胞” の続きを読む

広告